あどあるっぷ

気になったゲームをひたすら遊んでいくブログです。

ロマサガRS メインVH2-624高速周回パーティ構成更新 速度アップ陣形&ボストンの3連続練気拳で安定度が段違いになりました!【構成立ち回り&画像】

IMG_3140.jpg

こんにちは、こんばんは。

メインVHクエストで育成周回に向いている

1章2話6-2-4の構成をブラッシュアップして

最近ちょこちょこと周っているのでどんな

感じか載せてみます。

VH2-624が実装された当時は敵が先に

動くことが多く少し時間がかかりがち

でしたが今は基本先手で攻撃して倒せる

ようにキャラの成長&陣形の工夫で

辿り着いています。

IMG_3142.jpg

攻略に使っているのはこの5名です。

ジョー、ボストン、ユリアン、バルテルミー、

ポルカでやっています。

このうち引率役はジョー、ボストン、バルテルミー

で完全育成枠がユリアンです。

ポルカのところは半育成キャラでもいけます。

打、熱、陽の全体攻撃を撃てるキャラが

適性です。

IMG_3143.jpg

陣形はフリーファイト-1を採用しています。

とにかく全体の素早さを補正して先に

動き一方的に殴り続けクリアするのが

テーマです。

ファスト技の関係であえて素早さの

下がる位置にジョーを置いています。

全員が速くなってしまうラピッドストリーム

だとジョーが先に動いちゃうのでフリー

ファイト-1を使っています。

IMG_3144.jpg

ここからは詳細な動き立ち回りの事を

書いていきます。

まずラウンド1ですが、ここはバルテルミー

アバドンハンズとボストンの練気拳で

抜けます。

ジョーのフランベソルベをBP11に調整

しておいてラウンド1では動かないように

しておくのがコツです。

IMG_3145.jpg

2ラウンド目はジョーのフランベソルベと

ボストンの練気拳で倒しきります。

ここは育成の度合い次第では2手で

抜けられない人もいると思います。

そういう場合はバルテルミーの熱風や

そっと添えてあるポルカの烈火残像剣

で押しきります。

IMG_3146.jpg

3ラウンド目は総力戦です。

まずボストンが練気拳でダメージを稼ぎ

続いてバルテルミーの熱風やポルカ

烈火残像剣で追撃してクリアです。

聖石でのダメージ補正ですが、素早さが

仕上がっているキャラはHP満タンで逆に

ややそこが物足りないキャラはレベル10

で火力15%補正の聖石を装備しましょう。

育成がある程度まで進んでいればどちらを

付けても特に差が出てこなくなります。

IMG_3147.jpg

無事クリアでリザルト画面へ。

ガチガチには素早さ行動順管理をして

いませんが綺麗に動いた時は

ラウンド1

アバドンハンズ→練気拳

ラウンド2

フランベソルベ→練気拳

ラウンド3

練気拳→熱風→烈火残像剣(バーングライド)

で3ターン7手クリア周回可能です。

2周年でおそらくメインストーリーも更新が

あると思いますが、後からロマサガRSを

始める人もたくさんいるはずなので記事に

して残しておきます。

周回のスピードや安定度の関係でファスト

技持ちのジョーやバルテルミーを使って

いますが別に必須というわけではありません。

ある程度素早さが高くて打、熱、陽の

全体攻撃を連打していければ攻略の

適性があります。

敵より先に動くことが結果として周回の

スピードに直結するので陣形や装備での

素早さ補正は非常に大事です。

ファストを使わないならラピッドストリーム

も向いています。

ファスト持ちが2体以上いると効率を

上げるためにフリーファイト-1も選択肢

に入ってくるかなという感じです。

完全育成枠は1つだけとなってしまう

構成ですが1周回のスピードはかなり

早いのでクルリン成長チャンスは多く

おすすめです。

敵の弱点が揃っているのでVH2-624

自体が周回に向いています。

手持ちが合う人はイベントの合間に

育成周回を頑張っていきましょう。

私も時間がある時に自軍全体の

底上げをしていきたいです。

2周年どうなるか楽しみですね~!